相続したアパートで不動産経営を検討する

親から誰も住んでおらず、古くなっているアパートを相続しました。
最初は面倒な物件を押し付けられたという気持ちが強く、どうやって処分すべきなのかということだけを考えていましたが、定年までもう少しという年齢になり、老後の生活を考える時間が増えていました。
その際、親から相続した古いアパートをリフォームし、賃料収入を得るというプランを実現させることができれば、老後の生活が豊かになるように感じました。
ただ、不動産経営の経験はないため、仮に賃貸アパートとして貸し出しをしたとしても、入居者が少なければ黒字になるまでかなりの時間がかかってしまいます。
そのため、どのような賃貸アパートにすれば良いのか勉強しているところです。
ただ、参考書を購入して読むだけでは十分な知識を身に付けられるような気がしないです。
そこで、興味を持っているのが不動産経営のセミナーに参加することです。
専門家から美味しい情報を入手できるので、一度参加してみる予定です。

千葉県ゴルフ別荘地

センチュリー21稲毛ホーム

名古屋の格安賃貸事務所をご案内

リフォームで大阪のお部屋に大革命

大阪市内に事務所を持ちませんか?

最新記事