使わない不動産は人に貸してしまおう

一般的に不動産は、誰も住んでいない状態だと劣化が激しくなってしまいます。
ですから、使わない不動産があるのなら、人に貸してしまうのがいいでしょう。
人に住んでもらえたなら、建物の劣化も最小限に抑えられます。
掃除もしてもらえますし、防犯面でもメリットがあります。
もちろん、家賃収入も入ってくるので、一石二鳥です。
知り合いに貸してもいいですし、自分で入居者を募集してもいいでしょう。
不動産を他人に貸し出す際に特別な資格は必要がありませんし、自分でやろうと思えばできます。
ただ、入居者との間でトラブルになったときに面倒ですし、できれば不動産業者に管理を代行してもらうのがいいでしょう。
不動産の賃貸契約は複雑ですから、相当に勉強をしないと上手くこなしていくことはできません。
最近はリロケーションというサービスも登場中です。
これは、転勤などで空き家になるマンションの一室を、業者を間に通して他人に貸し出すことを言います。
入居者募集から家賃の徴収、修繕などもすべて任せられるという便利なサービスで、注目度もアップしています。