不動産物件を探す時のコツを考える

不動産物件を探す時は、見た目や業者のセールストークだけですぐに決めてはいけません。
まずはいろんなところをみて、良い物件かどうか自分で判断したてから契約を決めるようにしましょう。
その際のチェックポイントとしては、まず外側にある物件の通路やゴミ捨て場をみてください。
きちんと管理されておらず散らかった印象がある時は、その物件に何か問題があるサインの可能性があります。
特に回収されていないゴミがそのまま置いてある物件は、そこで隣人トラブルが発生していることがあるので避けておいた方が無難です。
それ以外でチェックしておきたいのは、防音がしっかりしているかどうかでしょう。
上下左右の部屋から音が漏れ聞こえてこないか、耳を澄ましてみてください。
あとは実際に壁や天井、床を強く叩いてみて、隣り合わせている隣人が何かアクションしてこないかあるいは音の響き方を確認してみましょう。
隣人がどんな人物かはもちろんのこと、防音性は快適に暮らすうえで欠かせない要素です。
そこに疑問を持つような様子がみられたら、残念ですがその物件はあきらめて違うところを探すべきです。